トークンとは

トークンとは

結論から言うと仮想通貨とトークンの位置づけは同じと捉えていただいて問題ないです。
簡単に言うと仮想通貨とトークンとの違いは技術的な違いであり、イーサリアムやリップルなど独自のブロックチェーン技術(分散台帳技術)で作成したものかどうかによります。
一般的にトークンとは「代替通貨」と言われています。

 

主な特徴

発行者や発行量を操作できる

仮想通貨であるイーサリアムやリップルは発行者がいますが、発行枚数の上限は決まっているのに対し、トークンは発行者は同様に存在しますが発行枚数は発行者が操作できます。
仕組みとしては株と同じような事が発行者はできるという事です。しかし、注意しないといけないのは株とは違い経営に口出しが出来ないという点になります。
ですのでトークンに投資するには、投資する案件の情報をより多く入手し将来性を見定めなければいけません。

 

メリット・デメリット

基本的には仮想通貨と同じ捉え方で問題ありませんので、メリット・デメリットについては仮想通貨のページをご参照ください。