仮想通貨とは

仮想通貨とは

「仮想通貨」は「暗号通貨」や「デジタル通貨」とも言い、インターネット上の通貨です。
専門の取引所を経由して円やドルなどの通貨と交換ができます。

 

2018年は一気に広がると言われています。
つまり、仮想通貨をビジネスとしてとらえている方はチャンスという事ですね。

 

メリット

投資目的として有効

さすがに数年前から仮想通貨を購入されている方は少ないでしょうが、ビットコインは数百円、リップルは1円未満で購入出来ていた時期があります。いまや2017年末にはビットコインは200万を超えるタイミングもありました。まだまだ日本には浸透しきっていない状態でこの価格ですので、ここ数年は投資としての可能性は十分秘めていると言えます。

 

国境を越えた送金の手数料が安い

海外へ定期的に仕送りをしていたり、ビジネスとして運用しているかたには魅力的なのが仮想通貨の手数料です。例えば、海外に10万円を送金する場合は約6千円以上手数料が必要となります。・・・これは金融業界である銀行は特に大きすぎるメリットとなっているようで、軒並み大企業の参入が進んでいます。(銀行はリップルという仮想通貨が一般的になりつつあります。)

 

分散投資にオススメ

当然ですが円やドルというのは中央銀行(国)が管理しているので、無限に発行することができます。つまり、流通量が操作できるということですが、政策がうまくいかなければハイパーインフレになる可能性も否定できません。(パイパーインフレ=簡単にいうと物価が2倍3倍になること)
仮想通貨は、いまでこそ価値は急激な増減(徐々に増加)を繰り返していますが、そもそもの発行量は決まっていますので将来安定した通貨となるでしょう。
そのため、円、仮想通貨、外貨、株など分散し投資する事がオススメです。

 

デメリット

ハイリスク・ハイリターン

仮想通貨は価値が激しく増減するため、投資として見るとハイリスク・ハイリターンと言えるでしょう。
株と考え方は似ていると思いますが、仮想通貨はこれから本格的に浸透すると言われていますので、ますますこのハイリスク・ハイリターンは増えるのではないでしょうか。

 

ハッキングなどのリスク

仮想通貨とは、名前の通り円やドルの様に実際に手元に紙幣があるわけではなくインターネット上に通貨があります。
インターネットと言えば、当然ウィルスなどによるハッキングのリスクは伴いますし、スマホから高額の送金なども可能なため、スマホを盗まれそのまま仮想通貨を送金されるなどのリスクは考えられます。
そのためにもウォレットや2段階承認などの管理をしておく必要があります。

 

パソコンやスマホがないと難しい

仮想通貨はインターネット上の通貨です。
それはつまり、パソコンやスマホによるインターネット環境が必須となりますので、高齢者の方などは難しい可能性があります。

 

仮想通貨の種類が多すぎる

仮想通貨というとビットコインと言う方が多いですが、数百種類の仮想通貨があるのはご存知でしょうか?トークンも入れると相当数の種類があります。
そんな中でどの仮想通貨に投資すればよいか分かりませんよね。
主要の仮想通貨のみ投資すればいいという考えもありますが、主要な仮想通貨もどんどん増えていますので、2018年よりさらに爆発的に拡大すると共に淘汰される仮想通貨も増えるでしょう。

 

将来性

大手企業の参入

上記のメリットから三菱UFJやみずほなどの大手企業が仮想通貨の参入を決定したり、検討しています。
2018年では導入テストや段階的な導入が進んでいく企業が多いので、これから仮想通貨時代に突入すると思われます。

 

IT化の躍進

ITは危険なものと危惧する方も多くいらっしゃいますが、結局は世界はIT化がどんどん進んでいます。
IT化が進むということは仮想通貨も同様にどんどん浸透していくことでしょう。
つまり、人も企業も結局は便利な方向へ進んでおり、止める事はできないということです。

 

現金を持たない人が増加

人によっては円やドルが完全になくなるという方もいらっしゃいますが、さすがにそこまでは、、、、と筆者は感じますが、現金を持たない方は確実に増え、円の発行数も減ると考えられます。
既に海外では紙幣の一部を完全になくしたり、無人コンビニなどが広がりつつあることはご存知でしょうか?
それにあなたや身の回りでも円を使用せずに支払いしているのではないでしょうか?たとえばSuicaやクレジットカードなどですね。

 

政府も仮想通貨導入へ

特にスウェーデンなどの国ではいち早く仮想通貨の導入テストを進めています。このような国はますます増える事でしょう。
そして、2017年4月わたしたち日本も仮想通貨は正式に国が認める通貨となりました
ちなみに、昔は仮想通貨はモノとして見られていたので購入時は消費税が生じていたのですが、通貨となりましたので当然消費税もなくなりました。

 

その他

あまり、詳しい事は言えませんが2018年度は仮想通貨の増減が激しくなると個人的には予想しています。
絶対に生活費や貯金を全て仮想通貨に入れて運用しないようにしてください。
また、2017年度と違い右肩上がりにはいかないでしょう。
常々利確を心がけて運用しましょう。